師匠ノ教エ - 其ノ拾八 -

何を見てもらおうか悩みまくった結果、やっぱりスウィングリズムを見てもらう事に。
師匠はこっちの方が本業だしね。

その前に基礎練。
いつものタンギング、(久々に)ダブルタンギング、そしてアーバンの最初の方の八分のスケールと二分+四分の練習曲。
二分+四分の練習曲はその中でもしっかり歌うようアドバイスを受けた。
ただ吹くだけじゃあ面白味ないもんねえ…
あとは上がり切る前の踏み台の音をしっかり出すようにと。

そしてこの日のメイン、スウィングリズム。
師匠曰く「この譜面の書き方おかしいわ。判り辛い」
離して表記すべき音符がくっついてるので混乱しやすいとの事。
確かに惑わされたわい。
譜面上では八分2つ繋がった音符は四分+八分の3連という指示だが師匠曰くこれをバラして全部八分の3連で考えると良いとの事。
文章だと判り辛いかな~?

そう考えたら少しつかめてきた。
あとは自分でキッチリ譜読みしないとにゃ~。

次回はシンフォニーを再度見てもらう事に。
余談だが来年は下北パレード参加したいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Making of ARC合奏其ノ四 - 番外編 -

しつこい位宣伝した番外編です。

其ノ壱・Tp3姉妹
今までのARCやMSAと違い、今回のTpは全員女性!
しかも人数が少ないのでアクロバティックな持ち替え状態。

その内訳、長女、Belkis(年からすればねえ…)

次女、キティーさん(若さ溢れまくり~)
さやかさんの参加したブラスクルーズの方である。
マーチングが得意。
…10数年前にやったなあ、あの時よく出来たもんだ(遠い目)

三女、おまみさん(10代だ!ううっ眩しい…_| ̄|○|||)
現役の音大生、すごい方々を師匠に持っている。
おみそれしやした…m(_ _)m
持ってるバッグがえど嬢と同じらしく来た早々盛り上がってた。

しかし次に100%揃うのは本番当日。
(;゚ ロ゚ )ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!

ヴァーチャル妹たちよ…短い間だがよろしく頼むぞ。

其ノ弐・先週の話だが
合奏中に「アルメニ2~4楽章」(パート2全曲)のタイトルの由来について話し合う。

ちなみに全員の予想。
2楽章「農民の訴え」
オラオラな悪代官(某Ob兼EngHrでわ「決して」ありません←をい)と王子(こら)が農民から年貢を取り立て、それを嘆く農民達の訴え(…ヒネリがないな~)
3楽章「結婚の舞曲」
曲の華やかさに反し、実は政略結婚(ノーコメント)
4楽章「ロリの歌」
予測不可能。

そして殿とけいタンが調べてくれた結果。
2楽章「農民の訴え」
「農民」が「風よ私の悩みを吹き飛ばしておくれ」と風に「訴える」
3楽章「結婚の舞曲」
結婚式で子供たちが踊る曲。
4楽章「ロリの歌」
…農民たちの田植え歌らしい…ってこんな殺人的な田植え歌あるかっ!

ちなみに1楽章(パート1)は
「あんずの木」
「山うずらの歌」(問題のSoloのある曲)
「ホイ、私のナザン」
「アラギアス」
「ゆけゆけ」…の5曲から構成されている。

其ノ参・今回のニューフェイス
上のヴァーチャル妹×2とPercのゆっけさん。
…彼もまだ10代だと。
そういえばけいタンも10代だというし若者の低年齢化が多いのお。

其ノ四・帰り、熱海にて
…乗換だったのだが、
この日、熱海は花火大会…夜なのに首都圏のラッシュアワー並に激混みだった。
荷物多かったから非常に辛かった。

其ノ伍・1人2役の準備
1人で2パート吹かないといけないので、
譜面をそれ使用に変更することに。
最初は譜面を切り刻むのが嫌で付箋に指示を書いていた。

…しかし、思いっきり失敗し、王仔にも「切り貼りした方が良い」と助言をされ再度譜面を切り貼りして作成する事に。

最初はこれこそ職人の如く5線同士が揃うようにとか休みの部分も揃えないととか細心の注意を持ってやってたが、これではいつまでたっても片付かない。

もう余分な所はバッテン付けまくりの修正テープで休みの小節数変更しまくりでガンガンやっていく事にした。
意外にきれいに出来るんだな。

残りは2曲。
大物は片付けたから気楽だ。

其ノ六・そして師匠ノ教エ
練習翌日はレッスン。
早速Koo師匠に新しいマウスピースを見てもらうことに。
今までのと吹き比べしてみた結果、新しい方が無駄な空気を使っていないとお褒めの言葉を頂いた。

この日のお題は「2組」の3・4楽章。
指の回らない所は細切れで練習すると良いそうだ。
10回出来るようになるまで練習し、徐々に前後の旋律と繋げていく。

明日も闇練だからにゃ~、出来る限り練習しないと。

これにて番外編、終了!

それともう一つ。
ARC(Alfred Reed Concert)のTpとTbが非常に不足しています。
興味のある方はご一報下さい。
全部A・リード作曲(編曲)のコンサートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どなたか

狩野チャレの先日の演奏会のCDが出来ました。
演奏会観に来れなかった方とかで聴きたい方いませんか?

ご希望の方はコメント下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

師匠ノ教エ - 其ノ拾六 -

今回から師匠にARC(Alfred Reed Concert)の曲を見てもらうことに。
なので当分また個人レッスンです(基本的にはグループ)

まずはリップスラーをベースにした基礎練習から。
四分 → 八分 → 三連符と連続するリップスラーは応用が利きそうだ。

あとはお腹に気を付けるようにと言われたねえ…
今更だけど、ものすごく音が伸びるの。
高校時代に「バッハ!」と発声練習してた頃が懐かしい。
…っていうか高校時代、よく「大阪俗謡」吹けたな、自分。
やっぱ若さだね(自爆)

いよいよARCの曲へ。
まず最初に人手不足なTpの譜割を相談をしたら、「全部1st取ればえーやん」
…さすが師匠(意味不明)
で、「何やりましょうか?」と相談したら、「Aさん(Belkisの本名)がやりたいヤツでえーよ」
……やっぱり師匠(ますます意味不明)

結局「エルカミ」を練習する事に。
「エルカミ」…相方との思い出の曲、忘れもしない昨年の1月(以下略)
14の時からずーっと好きな曲だからねえ。
師匠に解説しつつ練習。
「…指さらってないとちゃう?」…ごもっともです_| ̄|○|||
「でもこれだけ詳しいなら大丈夫やろ」をいをい…「エルカミ」を吹くKoo師匠…ある意味貴重だ。

とりあえず最後までさらった。
次は「2組」かな~?

…にも関わらず週末の初練習はアンコール×2曲の練習。
しっかりさらわな。

明日は通院の為休み。
それにしても今朝は参った…皆さん、交通安全はしっかり守りましょう!
うう…明日バイパス走るのが怖い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

師匠ノ教エ - 其ノ拾伍 -

MSA終了後初めて、狩野チャレ本番前最後のレッスンである。
お題はもちろん「コロニアルソング」
…レッスン前日に某Wさんにダメ出しを喰らったばかりである。
何とかせねば、あの32分音符。

いつもよりかなり早い時間のレッスン。
時間も短いので急がねば。
お題はいつものロングトーン + 8分の刻み、
チューニングのB♭以降のD、Fの音で刻みとリップスラーを交互に繰り返す。
師匠曰く音には壁があるという。
下のB♭からF、Fからその上のB♭、B♭からD、DからFという具合だ。
その壁を越えれば高音が出やすくなるという。

そして「コロニアルソング」の練習。
この曲でもピアノが登場。
先日の「ラプソディー・イン・ブルー」の時にも言われたが、
決してピアノの音を消してはいけない。
テンポがゆっくりだがメリハリをつけて吹かないといけない。
まあ、32分音符と16分音符の区別は自分なりについた気がする。
あとはこれを実際の合奏時にパニくらず出せるかだな。

レッスン終了後はAkiさんと元のバイト先でお茶。
久々に食べた「カフェドシンフォニー」(アイスココアに自家製コーヒーゼリーがゴロゴロ。さらに生クリームとアイスで飾り付けてある。アイスにはシナモンパウダーで音符が!)は非常に美味だった。
ちなみにここの店、何と洋酒入りチョコパフェまである。
ARCパフェ部の皆さん、今度いかがでしょうか?(をい)

戻ってきてから暫く吹いて今度は来月15日に開催されるSOJ(School Of Jam)ライブの合奏。
最初師匠はBelkisがライブに不参加だと思ってたらしい。
…2月の事を心配してた。
申し訳ありません、師匠。
今回どうしてもリベンジしたいもんで。

初見で渡された曲は16分 & スウィングの嵐…大丈夫か?
しかしテンポはゆっくりなので意外に何とかなった。
2曲練習して次3曲目…という所でかなりヤバかったので戦線離脱。
本番直前で唇バカしたらシャレにならん。

…もう明後日だぞ、本番。
明日は病院なので1日休み。
そのついでに明後日の準備もせねば。

という訳で皆さん、宣伝です。
是非見に来て下さい。


狩野川チャレンジングブラス第7回沼津定期

日時…5/26(土) 18時半開場 19時開演
場所…沼津市民文化センター 小ホール
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/sisetu/bunka/menu5/map.htm

曲目…ルイ・ブルジョワの主題による変奏曲(C・Tスミス)
   吹奏楽の為の「寓話(パラブル)Ⅸ」(ヴァーシケッティ)
   他

狩野川チャレンジングブラスHP
http://www.ne.jp/asahi/kanogawa/challenging/

今年のコンセプトは「オーケストラ」!
お近くはもちろん、遠方でも時間とお金と根性のある方のご来場をお待ちしておりますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師匠ノ教エ - 其ノ拾四 -

昨日はMSAの練習だったが、
一家総出の衣替えの為、参加できず。
でもレッスンには参加できたのでまた師匠に見てもらうことにした。
…がその日は集団でやる事に。
ま、いーか。
お題はロングトーン + タンギング、低音域からの半音階、倍音のタンギング → リップスラー。

最後には「聖者の行進」を練習。
しかしただの「聖者の行進」でわない。
Belkisが苦手とするスイング付である。
先週の自由演奏会でも「シング×3」をスイングのせいで落としまくりだったからにゃ~。
一緒にレッスン受けてた二人が主旋律。
Belkisはオブリガート(対旋律)。
対旋律は16分が多いので音は低いが難しい。
まあ、初見だからこんなもんかという感想。

レッスン終了後は闇練習に励む。
やっぱりレッスン時に基礎練をしっかりやると高音がしっかり出る。
が、やっぱり長時間やるとバテる。
師匠曰くラッパ吹きは神経がズ太くないとあかんらしい。
自分、どうでも言い事でクヨクヨしてしまうからなあ。
最近のスランプの原因はそういう所にあるのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

師匠ノ教エ - 其ノ拾参 -

あのものすごい落ち込みから初めてのレッスンだった。
狩野チャレ、MSAと本番は続く。
泣き言は言ってられない。
とりあえず師匠にこれらの曲を見てもらう事にした。

その前にお題から。
「パラブル」で16、32分音符の刻みが多いのでダブルタンギングメインの練習。
まずはTaの音でスケール。
次にKaの音、最後にTaとKaを繰り返す。
そして師匠曰く「神経衰弱な半音階」も同じような感じで繰り返す。

するとどうだろう。
あの「パラブル」のFから上の音が自然な感じで出た。
逆に変な感じだ。
「パラブル」メインに「フェスティバルヴァリエーション」の2曲をやった。
タンギングをしっかりやるとこんなに音が出やすくなるなんて不思議だ~。

曲について師匠は「訳判らん曲だわ…」
はい、吹いてる本人も訳わかりません。
今度の時に音源プレゼントしよう。

明日がホワイトデーという事で師匠から沖縄土産の紫イモキャラメルを貰った。
しかも懐かしい、ボンタンアメのメーカーのものだったので名物のオブラート付き。
職場でチマチマ食べてます。
ご馳走様ですm(_ _)m

今週末はMSAの初合奏。
一体どうなるんやろな~。
でも楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師匠ノ教エ - 其ノ拾弐 -

急遽本郷台の翌日に入った今年最初のレッスン。
師匠とは3ヶ月振りだ。
しかしジャンゴの夕方の散歩でちと遅くなってしまった。
前日(本郷台リンク)にキバり過ぎたから今日はダラーっとした格好で良いやあ、
とジーパンにボーダーシャツ、メガネにノーメーク、髪は手を加えずという非常にいい加減な格好で出かけた。
それが大きな間違いだったんだよなあ…

開場に着くとOさんとTさんがインターバルのタンギングの練習中。
昨日の疲れを思いっきり引きずってるBelkisにゃあそれさえもキツイ。
「唇(マッピの)跡ついとるでー!」と師匠にも言われてしまった。

この日のお題はスケールのタンギング、インターバルのタンギング、アーバンのシンコペーションの練習曲。

やっぱねー、高音域になるとマッピを唇に押し付けてしまうんだな。
でも息出したからって高い音が出るものなのか!?
師匠には「音出なくても吹き続けて」と言われた…
そういえば昨年ARCでソロ失敗した時も吹き続けて何とかなったっけ。

最後にアーバンの練習曲。
高校の時しょっちゅうやってたっけ。

この日はTpクラスとSaxクラス合同で新年会をやる事になった。
師匠は忘年会いなかったからな~。
これは出るしかないでしょう…と思ったらこの日の格好があまりにもイケてなさ過ぎな事に気付く。
…激しく鬱_| ̄|○|||

Belkisは車だったのでこの日もノンアルコール。
アルコールが入ったTさんはちょいワルどころかかなり悪くなってた(をい)
Saxはやっぱり大人数やね。
そんなSaxに対抗して師匠はトランペットアンサンブルを今年は目指したいと言ってた。
良いね~。

しかし厳しいお言葉も「○○さんは時々音が神経質やな~」
あいたたた…

アルコールはなかったが美味しい食事をいただきあっという間に新年会終了。
皆さん、今年もよろしうにm(_ _)m

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

師匠ノ…宣伝

大晦日の夜、カウントダウンTVで師匠が某女性アーティストのバックで吹きます。
…最初の情報は紅白だったのだが。
何とも曲が変わった為に師匠、不参加だそーな。

明日、久々に髪を青黒く染めてきまっす(本郷台仕様)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師匠ノ教エ - 其ノ拾壱 -

はい、超久々のレッスンでした。
今月もKoo師匠は忙しい。

仕事終わってからグランシップでチハさんに頼まれた品と油性マジックを取りに家に戻り、
レッスン会場の楽器店へ。
この日は給料日だったもんでBBBBのニューアルバム「Life is Parade」を購入。
(…しつこいようですが皆さん、是非買って下さいまし)

師匠が来るまでライブの曲をさらう。
音が怪しいところはipodで聴いて譜に落とす。
何とかなってきたかも。

ちなみにこの日はSax、Drumはレッスンお休み。
…はあ、Saxレッスンのチハさんに渡せない~とガックシ。
そんなこんなで師匠が来た。
買ったばかりのアルバムにサインしてもらう。
油性マジック持参して良かった~。
他のメンバーも書くだろうという事で左下に書いてもらった。
師匠、ありがとうございます~。

レッスン始めようとしたらChiharuさんが体験レッスンをしたい人がいると連れてきた。
何とチハさんだった!
良かった、これで渡せる~…という訳で作った品はコレ。

06100501

MとKのイニシャルを作って欲しいという事だったんで作ったんだけど…
誰のイニシャルなんだろう?

レッスンの内容はリップスラー中心だった。
ぶっちゃけ苦手なんだよね~。
特に高い音。
でも何回か繰り返してるうちに低音域はきれいに出るようになった。
自分でもビックリ。

終わってから師匠にライブを成功させるコツをきいた。
そしたら「何か目標はあるん?」ときかれ、
カッコよく吹く事と答えた。
師匠曰くその時点で×らしい。
カッコよく吹こうとすると力が入り過ぎて失敗してしまうらしい。
逆にライブは祭りだから楽しんだもの勝ちという事だ。
…親の敵取る感じで吹くのはNGという事デスな。

次回はライブ終わってからだろうな~。
良い結果が報告出来れば良いんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)