« Making of ARC顔合わせ2008 - 番外編 - | トップページ | 女王とジャンゴとドラ焼きと »

Making of どぶに落ちても根のある奴は、いつかは蓮(ハチス)の花と咲くコンサート

狩野チャレ第8回定演…やっと書く決心がつきますた。
あれから3週間、短いようで長かった。
これまた時間が経ってるので箇条書きな番外編でお送りします。


其ノ壱・天気
昨年は夏日な快晴だったのに今年は雨。
しかも冬を思わせる位寒かった。
脳裏に浮かんだのが「この天気で客入るのかあ?」
まあ、その不安も杞憂で終わるのだが。


其ノ弐・演出
今年は昨年シンプルだった(あれはあれで「オーケストラの真似」という演出だったのだが)ので今年は一転してオープニングで各パート紹介。
急遽各パートで曲を吹く事に。

各パートの曲目は以下の通り
Tb…ボレロ(ラヴェル)
Tp…幻想交響曲より「断頭台への行進」
Ob & Fg…となりのトトロ「さんぽ」
Hr…(曲名不明)
Picc & Fl…くるみ割り人形より「葦笛の踊り」
Cl…アイネ・クライネ・ナハトムジーク
Sax…ラプソディー・イン・ブルー
Tu & Euph…海兵隊
Perc…(指揮者登場時のみリズム打ち)

しかも色々な場所から登場して演奏。
特にHr、バリチューは客席最後列から、Clはお客さんに混じって客席から登場。
「葦笛の踊り」は自分含む一部の関係者にはツボにハマりましたな。

服装も色々。
自分も1部は職場の作業着 & 事務服、2部は着物ゴス(をい)


其ノ参・リベンジ…だったが。
はい「ファンファーレとアレグロ」、全落ちしました。
練習の時はそんな事なかったんだけどなあ…と言っても後の祭り。
本番中にも関わらずTpパート全員( ゚д゚)ポカーン状態。
お互いに顔見あわせちゃったよ。
最初の2~3日はショックで抜け殻ですた、ええ、本当に。

余談だが昨日、FFCの「ファンファーレと~」を聞いてたらかなり早い段階で全落ちしてた。
今回は後半だったのである意味リベンジ達成か!?
…でもやっぱりちゃんとリベンジしたいわ~_| ̄|○|||

私のワガママを聞いてくれた指揮者と団員の皆に感謝!


其ノ四・今回の…
曲目は以下の通り(※はCorで演奏)
1部
・Pacific Celebration March(3rd Tp)
・ファンファーレとアレグロ(3rd Tp)
・プスタ - 4つのジプシー舞曲 -(3rd Tp)

2部
・カントリーバンド・マーチ(3rd Cor)
・不変のド(3rd Cor)※
・バンドの為の交響曲第6番(3rd Cor)※

アンコール
・デリー地方のアイルランド民謡(4th Cor)※
・アロハ・オエ

「Pacific~」…通称「PCM」は最初のTpの旋律をSoloでやる事に。
すっごいプレッシャーだったけど何とかやり切った!!

「ファンファーレ~」…通称「F & A」…言う事は何もあるまい。
でももう一回リベンジしたい…しつこいが。

「プスタ」、自由演奏会でも演奏された事があるという事で名前だけは知ってた。
結構テンションあがる曲やったな~。
アンケートでも評判良かった。

「カントリー~」と「シンフォニー」、この2曲は2月のシエナ前座でも演奏。
前回は課題が残ったけど、今回は満足。

「不変のド」、
グラスハープでひたすらCの音を出す中、
Tp(今回はアンコールのみ参加)のMさんがドを讃美したポエム(指揮者が夜なべして書いた)を読むというものすごい演出。
ちなみにBelkisもグラスハープ参加のつもりだったが、 グラスの構造上水をいっぱいにしないとCの音が出ないという状態だったので諦めた_| ̄|○|||
この曲結構好きだったな~。

「デリー地方~」、東静岡時代にやっぱりアンコールで演奏したっけな。
最初に指揮者含めたTpのトリオで演奏 → その後Tuttiという狩野チャレチックな演奏。

「アロハ・オエ」、これは有志で演奏して最後に全員で合唱。
結構感動的。
そして毎度お馴染み「この素晴らしき世界」をBGMに全員で前に出てきてご挨拶。


其ノ伍・お客様は…
神様です(キッパリ)
最初にも書いたがものすごい悪天候…にも関わらず観に来てくれた職場のG課長補佐夫妻、K主査。

補佐、観に来てくれるとは思いませんでした。
本当にありがとうございます。

主査、楽屋まで差し入れありがとうございます。

会えなかったけど、マイミクのミウラとはかせさん。
二人とも遠方からわざわざ観に来てくれてありがとう!

ミウラ、差し入れサンキュー!
ARCで世話になるよ。

はかせさん、本当にありがとうございます。
すごい嬉しかったです。
今週末、ARCでお世話になります。

そして今回楽団の為にフルスコア貸してくれたマイミクの楓藍皇仔、ありがとうございます。
本当に助かりました。
またARCでお世話になりまする。

Corを貸してくれたダブアスメンバーのIちゃん、本当に助かったよ。
ありがとう。


其ノ六・これからの狩野チャレ
今年もコンクール参加しないって話だし今度は秋のラテンかな?
ひょっとしたら慰問とか入るかも。
知り合いのおじさんが福祉関係の施設に就職したから話してみようかな??


また「F & A」やりたいなあとうわ言のように呟きつつ、
どぶに落ちても根のある奴は、いつかは蓮(ハチス)の花と咲くコンサート、これにて終了!

|

« Making of ARC顔合わせ2008 - 番外編 - | トップページ | 女王とジャンゴとドラ焼きと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140116/41334530

この記事へのトラックバック一覧です: Making of どぶに落ちても根のある奴は、いつかは蓮(ハチス)の花と咲くコンサート:

« Making of ARC顔合わせ2008 - 番外編 - | トップページ | 女王とジャンゴとドラ焼きと »