« 師匠ノ教エ-其ノ五-(番外編) | トップページ | Belkisダイエット宣言! »

Belkis的グミ考

「グミ」という食べ物を知ったのはいつ頃だったろうか?
小学校3年時遠足の菓子交換で存在してたのでその頃にはあったと思う。
その時に交換した駄菓子屋のコーラグミは非常に美味だった。
味は勿論硬さが良い感じだった。

グミは硬さが重要だと思う。
国産のグミは口に入れると口内温度でジュワっと溶けてしまうものが殆どである。
これはBelkis的には邪道である。
良い感じの酸っぱさとゴムを噛むような感じがないとグミとは言えん。

かつてこんな失敗をした事がある。
専門学校時代の修学旅行先のスペインでの事。
空港で帰りの飛行機で食べるお菓子を買った。
その中にラズベリーグミがあったのだがこれが非常にクセモノだった。
一口入れて噛み砕こうとして「う゛っ…」となった。
帰国途中でまた「スペインの悪夢」か!?
ラズベリーのブツブツは砂糖。
グミ部分は匂いだけラズベリー、酸っぱさゼロ。
硬さは弾力感ゼロ。
…こんなひどいグミ今まで喰った事ねえ。
日本に着いて即ゴミ箱行き、アディオスアミーゴ。

Belkisが一番お気に入りグミはドイツハリボー社のグミ。
ゴムかと思う程の噛みごたえ、しっかりとした味付け…
クマの形したフルーツ味やコーラ瓶の形したコーラ味はソニプラやコンビニでも手に入るので一度食べてみて欲しい。

そういえば最近食べた最高にまずかったグミ。
元祖自由演奏会会場の保土ヶ谷に向かう途中、某サー○ル○で買ったグミ。
「ナタデココのような食感!」っていうキャッチコピーにつれられて買ってしまった。
味はマスカットだったのだが、酸っぱさはグミ部分にかかってるパウダーのみ。
あとは無駄な甘さが残るのみ。

……
………許さん!
オリャ!!(ノ´□`)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:┣∵・:.

でもこの時はゴミ箱行きにならず全部食べたよ。

唯一国内産で最高だったのが明治の果肉グミのアップル。
リンゴの果肉がゴロゴロ入ってて非常に美味だった。
最近全く見なくなっちゃったけど今もあるのかにゃあ?

|

« 師匠ノ教エ-其ノ五-(番外編) | トップページ | Belkisダイエット宣言! »

コメント

おー!なつかしのコーラグミ。オブラートくっついてるんだよね。

投稿: | 2006年6月 5日 (月) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140116/10390973

この記事へのトラックバック一覧です: Belkis的グミ考:

« 師匠ノ教エ-其ノ五-(番外編) | トップページ | Belkisダイエット宣言! »